logomark[メンタルヘルス EAP] 個人の輝きと組織の活性化を応援します!
ライフデザイン研究所-LifeDesign Institute-[メンタルヘルス EAP]
TOP パンフレット[メンタルヘルス EAP] 会社概要[メンタルヘルス EAP] お問い合わせ[メンタルヘルス EAP] 個人情報保護ポリシー[メンタルヘルス EAP] サイトマップ[メンタルヘルス EAP]
ライフデザイン研究所からのお知らせやキャンペーン情報、メンタルヘルスケアに関するニュースやトピックスをお届けします。
<< November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
プロフィール
畔柳 修
●プロフィール

『ライフデザイン研究所』 所長
社会産業教育研究所 講師 / PHP研究所 講師

著書:「こころの健康ワークブック」(PHP研究所)
資格:産業カウンセラー(厚生労働省認定) / 家族相談士(日本家族心理学会認定) / 心理相談員(中央労働災害防止協会認定) / Career Development Adviser(日本キャリア開発協会認定) / MBTI 認定ユーザー(J−APT認定) など

加盟学会:日本カウンセリング学会 / 日本産業カウンセリング学会 / 日本認知療法学会 / 日本行動療法学会 / 日本産業ストレス学会 / 日本ブリーフサイコセラピー学会 / 日本交流分析学会 / 日本家族カウンセリング協会 / 組織学会 など


大学卒業後、広告代理店にて、マーケティング、マーチャンダイジング、ショップコンセプト などのプランニングに従事、その後、経営コンサルタント会社を経て独立。
平成5年11月、カウンセリング・マインド&ストローク・マインドをベースとして、自律的な風土づくりを支援するコンサルティングオフィス 『 ライフデザイン研究所 』 を立ち上げる。
独立当初から、岡野嘉宏先生に師事しTA(交流分析)を学び、その後、 認知行動療法、システムズ・アプローチ、家族療法、論理療法、アサーション、NLP(神経 言語プログラミング)、来談者中心療法、自律訓練法、フォーカシング、ゲシュタルト療法、 キャリア・カウンセリングなどを学ぶ。
南山大学人間関係研究センターにて、研修生としてファシリテーションを学ぶ。(論文テーマ 「生きる意味に耳を傾けて」)
現在、企業や病院、官庁などを対象にストローク・マインドやカウンセリング・マインドをベースとする研修の講師・ワークショップのファシリテーター。カウンセリング・マインドをベースにクライエント企業の組織風土の活性化支援(コンサルティング)、キャリア・カウンセラーとして、ビジネスマンや大学生のキャリア開発支援、ストレス・マネジメントや人間関係などの通信講座のコーディネート…などを展開。 個人を対象にしたパーソナル・コーチング、組織を対象にしたコーポレート・コーチング、 ビジネス・コーチングも展開中。



●活動実績

トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機、松下電器産業、東芝、日立製作所、NEC、森精機製作所、沖電気工業、松下電工、松下設備システム、住友商事、高島屋、ダイエー、千趣会、NTT東日本、NTTドコモ、中部電力、東京電力、沖縄電力、日本航空、東洋紡、JR東日本、JR東海、名古屋鉄道、京浜急行電鉄、三井住友銀行、もみじ銀行、大分銀行、東京都民銀行、四国銀行、北國銀行、全共連、AIGエジソン生命、三井住友海上火災保険、凸版印刷、キリンビール、日本コカコーラ、伊藤ハム、宝酒造、フジパン、セーレン、日本製鋼所、合同製鐵、一条工務店、東急コミュニティー、東新住建、丸栄建設、エクシング、東芝デバイス、松下電器情報システム、パナソニック半導体システムテクノ、NECマイクロシステム、日立システムアンドサービス、コベルコソフトサービス、池田糖化工業、丸越、アピ、カネハツ食品、高松機械工業、空港グランドサービス、バウハウス丸栄、昌富工業、京浜精密工業、第一工業製薬、バンテック、多治見通運、中京貨物運輸、多治見耐火工業、PHP研究所、中小企業大学校、社会保険労務士会、岐阜県地方自治体、岐阜県職員組合、岐阜社会保険事務局、三重県中小企業団体中央会、名古屋商工会議所、稲沢商工会議所、愛知淑徳大学、名古屋外国語大学、愛知工業大学、愛知学院大学、名古屋学院大学、三重大学、静岡大学、静岡産業大学、愛知県歯科医師会 …など
総合病院・クリニック・子育て支援センターなどにおけるカウンセリングマインド・セミナーやワークショップ …など
中堅中小企業コンサルティング実績…約180社

▼講演テーマ例:
「傷つき・気づき・築く」 「働く人のこころとからだの健康と職場の活性化」「治すためのメンタルヘルスから、予防し高めるためのメンタルヘルス」「親とこどもの“こころ”のキャッチボール」 「コミュニケーションは素直な自分表現から」 「あなたの夢の実現をサポートするコーチング」 「鬼にならない方が部下は育つ」 …など