logomark[メンタルヘルス EAP] 個人の輝きと組織の活性化を応援します!
ライフデザイン研究所-LifeDesign Institute-[メンタルヘルス EAP]
TOP パンフレット[メンタルヘルス EAP] 会社概要[メンタルヘルス EAP] お問い合わせ[メンタルヘルス EAP] 個人情報保護ポリシー[メンタルヘルス EAP] サイトマップ[メンタルヘルス EAP]
ライフデザイン研究所からのお知らせやキャンペーン情報、メンタルヘルスケアに関するニュースやトピックスをお届けします。
<< October 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新書のご案内 『キャリアデザイン研修 実践ワークブック〜若手・中堅社員の成長のために〜』
このたび金子書房様より、『キャリアデザイン研修 実践ワークブック〜若手・中堅社員の成長のために〜』を出版させていただくことになりました。
自身のキャリア開発に関心を持つビジネスマン、講師ファシリテーターや人事担当者などの方々へキャリア開発のメッセージ&ワーク集です。
≪目 次≫
第1章 キャリアを切り拓く重要性とキャリア論
第2章 キャリアデザイン研修に求められる受講姿勢・受講態度
第3章 やれること“SEEDS”の自己理解
第4章 やるべきこと“NEEDS”の自己理解
第5章 やりたいこと“WANTS”の自己理解
第6章 “WILL” 強い意志をもって未来を拓く

少しだけ手元にございます。些少ですが、送料と消費税をサービスさせていただきます。ご入り用でしたら、.織ぅ肇覘∈数A付先などを記載の上、info@e-eap.com まで、ご送信ください。(11月より発送させていただきます)

以下の書籍も手元にございます。よろしければ、併せてご一読ください。上記と同様、送料と消費税をサービスさせていただきます。
職場に活かすTA〔交流分析〕実践ワーク 〜人材育成、企業研修のための25のワーク〜(金子書房)
“言いたいことが言えない人”のための本 〜ビジネスではアサーティブに話そう!〜 (同文舘出版)
上司・リーダーのためのメンタルヘルス 〜うつにならない職場づくり〜 (同文舘出版)
こころの健康ワークブック 〜ストレスと上手につき合う認知行動心理学〜 (PHP研究所)
アサーティブ仕事術 〜気持ちが伝わる!意見が通る!〜(PHP研究所)
気分爽快!ストレス知らずハンドブック(PHP研究所)
ホスピタリティ・マインド浸透のためのご依頼(ゴルフ場様)
どの業界も競争激化ですが、ゴルフ場もバブル崩壊以降厳しい経営環境が続いています。
弊所の噂をお聞きくださった経営者様から、ご相談をいただきました。
関東圏で数箇所運営しているゴルフ場チェーン様より、「ゴルフへの関心が高まりつつあることを機に、CSやホスピタリティを向上し刷新したい」とご相談をいただきました。
経営陣の方々と打ち合わせを終え、以下のような取り組みを行いました。

<Step1>各ゴルフ場で時間帯を変えて、全スタッフがCSホスピタリティ研修を受講
<Step2>各ゴルフ場に講師ファシリテーターが出向き、数回にわたり全スタッフを、現場でのOJT指導&評価レポート
(註)評価となると、できていないことに目を向けがちですが、できている点、手本となる点も多くフィードバックいたします。
<Step3>各スタッフは、行動目標を掲げ、数ヵ月後に目標の進捗を確認し合う
<Step4>ホスピタリティ・マインドの高いスタッフを自主的に募り、各ゴルフ場でプロジェクトを立ち上げる
<Step5>プロジェクトで対話を続け、改善改革を行った施策を全チェーンへ水平展開
<Step6>経営陣ならびにプロジェクトメンバーによるクレド(行動指針)の作成
<Step7>各ゴルフ場において、クレドの浸透

上記の取り組みの間、多くの抵抗がありました。経営陣がマナーやエチケットのレベルが低いのに、自分たちばかりに強いるのはおかしいと反抗する古株の管理者もいらっしゃいました。勇気ある抵抗を大切に汲み取り、その強い抵抗(反抗)をポジティブな変革のエネルギーへと導く橋渡しに努力を重ねました。

率直に経営陣にも日々の姿勢を反省していただき、トップから変わろうとしなければ変革は起きないことを諭しました。この間、幸いにも、Step3で、驚くほどの変化が見られました。まるで別のゴルフ場に来たの?と目を疑ってしまうほどホスピタリティーの質が高まるゴルフ場があらわれはじめました。その変化が経営陣や管理者へ刺激を与え、皆が足並みを揃えて変わろうとする雰囲気が整い始めました。

ゴルフ場の雰囲気が変わり、お客者様への対応の質が劇的によくなった光景を目の当たりにさせていただくことで、弊所の講師ファシリテーターにも、自分たちが役立っている(貢献できている)ことが実感でき、やりがいや充実感といった空気が満たされました。

どうしても、研修は一過性になりがちで、日頃、受講後の変化・成長を拝見できる機会が少ないのですが、今回の取り組みは、1年強の長く継続したやりとりで、繰り返し、繰り返しフォローを重ね、成果が顕在化し、水平展開され、ゴルフ場様と弊所が共に成長できた幸せな空間でした。