logomark[メンタルヘルス EAP] 個人の輝きと組織の活性化を応援します!
ライフデザイン研究所-LifeDesign Institute-[メンタルヘルス EAP]
TOP パンフレット[メンタルヘルス EAP] 会社概要[メンタルヘルス EAP] お問い合わせ[メンタルヘルス EAP] 個人情報保護ポリシー[メンタルヘルス EAP] サイトマップ[メンタルヘルス EAP]
ライフデザイン研究所からのお知らせやキャンペーン情報、メンタルヘルスケアに関するニュースやトピックスをお届けします。
<< September 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
新書のご案内  『アサーティブ仕事術』 −気持ちが伝わる!意見が通る!− (PHP研究所)
ビジネスの現場では、取引先との交渉や社内の調整など、上司・同僚・取引先といった立場の異なる相手に対して自分の考えを伝える必要があり、高度なコミュニケーションスキルが求められています。
相手の意見を尊重しつつ、適切に自分の考えを表明することは、業務を円滑にするだけでなく、健全な職場(社会)生活に不可欠なことです。にもかかわらず、実際には、自分の意見を押し通すために高圧的にふるまったり、相手に萎縮して自分の考えをまったく伝えられずにいることがしばしば見受けられます。
そこで本書では、自分の考えを「攻撃的になることなく」「萎縮することなく」適切に伝える「アサーティブ」な言動を、人材コンサルタントの経験を交えながら、ビジネスの現場を中心にご紹介しました。
ともすると、アサーティブは自己表現とか自己主張と訳されるため、表現する、主張するという伝える技術に限定するものだと受け取られがちですが、アサーティブは、“伝え方”という技術とともに、自他を尊重しようとする“在り方”でもあり、私たちの人生を豊かなものにすることを援助してくれるものなのです。

本書では、自己表現における自己の在り方を問い直すためのワークシートをご用意しました。自らに“気づき”、そして、“築き上げる”という自己対話や自己創造の機会が盛り込まれています。
自分自身にアサーティブになることが、職場をはじめとする他の領域においてもアサーティブになるための基本的な第一歩なのです。
連載 会社法務A2Z 2008年9月号(第一法規) 『治すためのメンタルヘルスから、予防し高めるためのメンタルヘルスへ』
会社法務9月号会社法務9月号