logomark[メンタルヘルス EAP] 個人の輝きと組織の活性化を応援します!
ライフデザイン研究所-LifeDesign Institute-[メンタルヘルス EAP]
TOP パンフレット[メンタルヘルス EAP] 会社概要[メンタルヘルス EAP] お問い合わせ[メンタルヘルス EAP] 個人情報保護ポリシー[メンタルヘルス EAP] サイトマップ[メンタルヘルス EAP]
ライフデザイン研究所からのお知らせやキャンペーン情報、メンタルヘルスケアに関するニュースやトピックスをお届けします。
<< November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Kindleにて、『幸せサプリ』と『ストレスサプリ』を2冊同時に出版いただきました♪
『幸せサプリ』
『求めようとすると遠のいてしまう幸せ それでも求めようとするのが私たち』
筆者のこれまでの経験では、自分の幸福感(度)に影響を与えるものは、何も数か月がかりのプロジェクトの成功でも、大きな難題を成し遂げたことではありません。それよりも、気分を変えてくれるささやかな癒しの音楽であったり、散歩での心地よい風だったりします。わたしはそのような幸福感(度)を増す活動のことを「幸せサプリ」と名づけ、意図的に自分自身にプレゼントしてきました。この幸せサプリが日常生活にポジティブなエネルギーを注いでくれ、幸福感(度)を高めてくれるのです。
私たちは、日頃、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助するためにサプリメントを気軽に補給しています。本書は、サプリメントを摂るように気軽に、あなたの幸福感を少し高めたり、勇気づけをしたり、エネルギーを高められたら…そのようなことを願って書き綴りました。



『ストレスサプリ』
本書は、リラックスするための小さなアイデアから、リフレッシュするための気晴らし、コミュニケーションや行動のコントロール、困ったときに少しものの見方を変えてみるためのヒントなど、筆者が心身の健康のために実践しているアイデアをご紹介しています。 
あなたがまさに求めていたもの、ピッタリと合うもの、既に実践しているものなど、いろいろあるでしょう。特にこころに残るものがあれば、それが、あなたが今必要としているものといえそうです。

『幸せサプリ』は、ポジティブ(プラス)な感情をよりプラスに。『ストレスサプリ』は、ネガティブ(マイナス)な感情を±0あるいはポジティブに。
それぞれを気軽に組み合わせていただきながら、サプリメントのように、気軽に取り入れ、充実した日々を過ごしていただきたいと願い、2冊を同時に出版させていただきました。



産業医や精神保健福祉士と「ストレスチェック」をセットにご紹介します♪
中堅中小企業様向けの「ストレスチェック」推進に関して、産業医や精神保健福祉士などの支援をセットにしたご要望が多い現状に関し、弊所では、『こころの健康診断』(ストレスチェック)と産業医、精神保健福祉士をご紹介しながら、推進をサポートする仕組みを構築いたしました。
従来通り、カウンセラーの派遣や職場復帰プログラムの導入支援なども引き続き、実施いたします。

お気軽にお問い合わせください。
info@e-eap.com
新書のご案内 『キャリアの成幸者 −新しい眼で自分を見つめ直す−』を出版いたしました♪
長年あたため続けていた書籍
『キャリアの成幸者 −新しい眼で自分を見つめ直す−』
Kindleにて出版させていただきました。

<はじめに>の一部をご紹介します。
成功を否定するつもりはありませんが、成功ばかりを追い求め、“成幸”をおざなりにしていないでしょうか。
本書は、“生きる意味”に耳を傾けようと思ったとき、“仕事とは”“キャリアとは”…と問いを発したとき、そんな人生の転機に差し掛かった方への質問集(問題集)として執筆しました。
人生やキャリアに異和感を覚えるとき、ちょっとプラットフォームに降り立って、本書を片手にじっくりと自己との対話をしてみませんか。
本書を転機に、“あるべき自分”ではなく、“ありたい自分”をもう一度、見つめ直す機会に。キャリアの成幸者となって充実した仕事人生を歩む一助となれば幸いです。

ぜひ、お読みいただけましたら幸いでございます。

<iframe src=
ご案内 『最新版「言いたいことが言えない人」のための本 ―ビジネスではアサーティブに話そう!』
こちらは台湾などでも訳していただけ、とても好評をいただいている前著に、新しい章を追記して、最新版として出版させていただきました。

「アサーティブ」とは?
自分の気持ち・考えを攻撃的になることなく
委縮することなく適切に伝える態度・ふるまいのこと

同僚に頼みごとができない……
上司に反論できない……
部下を叱れない……

「モヤモヤ」溜め込みグセ
「イラッ」「カチン」の爆発グセ
を治し上手に「NO」を伝えよう

なぜ言いたいことが言えない?
どういう考え方をしたらいい?
どんな話し方をしたらいい?
どうすれば、活気ある組織がつくれる?

職場のコミュニケーションには
アサーティブが効く!

新しい書籍の出版♪ 『メンタルヘルス 実践ワーク』 −生産性と人間性を織り成す企業づくり−
≪まえがき≫
企業はそれぞれにかけがえのない個性豊かな一人ひとりに支えられています。一人ひとりをおろそかにせず、個性を活かしてこそ、活き活きとした企業が実現します。
社会に貢献するために企業があるにもかかわらず、その陰(背後)にメンタルヘルス不調や自殺を生み出している現実をどう捉えますか。個人の問題であると言い切れるでしょうか。
収益(売上)とメンタルのバランスをどう計っていくか、両立していくか、私たち一人ひとりに問われています。
生産性ばかりに目を向けるのではなく、生産性と人間性の両立を図る、縦糸と横糸で織り成す企業経営を本書を通して、ご一緒に考えていただければ嬉しく思います。

≪目次の一例≫
第1章 セルフケア −自分の健康は自分で守る!−
ストレスって?
セルフケアは、『自分の健康は自分で守る』という自覚から
いつもと違う自分に気づく
★ワーク<1>ストレスのシグナルに早めに気づく
★ワーク<2>こころの天気図
「書く」ことの効用
ストレスと価値観の関係
仲間のSOSを見逃さない
★ワーク<3>ストレスチェック(他者評定)
ストレス対処法\儷謀な“休養”のすすめ
ストレス対処法◆罰擇靴ぁ匹鬟廛譽璽鵐箸垢
ストレス対処法コントロールできないことは悩まない
ストレス対処法で困潺織ぅ爐料論
★ワーク<4>時間の有効活用
★ワーク<5>先延ばしの損得勘定
ストレス対処法ゥ爛世淵好肇譽垢鬚燭畊まないために
ストレス対処法柔軟な受けとめ方
★ワーク<6>こころの柔軟体操
ストレス対処法Д宗璽轡礇襯優奪肇錙璽を築こう
ストレス対処法等身大の自分で接しよう
ストレス対処法怒りのコントロール
ストレス対処法“No”を伝えよう
ストレス対処法笑いの効用
★ワーク<7>ストレスコーピング収集
★ワーク<8>ストレスコーピング アドバイス
★ワーク<9>コーピング探し
★ワーク<10>カルテづくり
★ワーク<11>変化を先取りする
ストレス対処法健康的なライフスタイルを築く
リラクセーション(イメージトレーニング)あれこれ

第2章 ラインケア −風通しの良い職場づくり−
★ワーク<1>カウンセリング・マインド
『子どもの話に耳を傾けよう』
★ワーク<2>カウンセリング・マインド⊆遜
『積極的に相手の話を聴く』
相談場面の環境整備
★ワーク<3>リフレーミング
リフレーミングの例
ワークシート:自分の長所“再発見”
『私の祈りに対する神の応え』
ラインケアの主体となるリーダーの心得
リーダーに多い、タイプA行動

第3章 組織・全社で取り組むメンタルヘルス対策
メンタルヘルス対策の意義
9つの領域からのアプローチ
★ワーク<1>9つの領域へのアプローチ 
職場ストレスが深刻化する背景
ストレスチェック(こころの健康診断)のススメ
求められる定量的なモニター
組織データをES(従業員満足度)調査と活かす
ストレスチェック受検後の提案事例
リーダー・リーダーが果たす緩衝材役
自由裁量度を高める仕掛け
メンタルヘルスケアにおけるリーダーの役割
予防のためのカウンセリング
【吉報】 ストレス・チェック 『こころの健康診断』 システムごと、お譲りいたします♪
昨年の6月に従業員50名以上の企業には、ストレスチェックが義務化される法案が可決され、本年12月1日より施行されるため、ストレス・チェックの重要性が高まっています。

このたび、弊所では、長年の力作(ノウハウ)を弊所のみに止めるのではなく、
多くの企業様にご活用頂ける様、システムごと、お譲りする方針を決めました。
サーバーにあるデーター(ソース)ごと、お譲りしますので、屋号やデザインなど思いのままに加工いただくことも可能です。
『こころの健康診断』〔ストレスチェック〕の詳しい内容は、
http://e-eap.com/header/pdf/pamphlet.pdfをご覧ください。

『こころの健康診断』〔ストレスチェック〕の主な特徴は以下の通りです。

1.個人へのフィードバック 『自分の健康は自分で守る
,海海蹐箸らだの健康状態
▲好肇譽紅娠と職場のストレス原因
性格特性とコーピング(ストレス対処傾向)
3種類のフィードバックと、結果に応じたeラーニング(コンテンツ)が数多く盛り込まれています。
競合他社様との大きな違いは、受検結果が終わりではなく、自身の現状に応じたストレス・コーピング(ストレス解消法)が判断でき、その場で学習(情報提供)が得られる点です。

2.管理職〔リーダー〕へのフィードバック
設定時に閲覧できる階層を決めておけば、その対象者(管理職・リーダー)自身が
所属する組織の「こころとからだの健康状態」「ストレス要因」が詳細に把握できます。
データ結果から、職場の活性化へ向けて、風土改革に取り組むことができます。

3.人事部(産業保健スタッフ)&経営層へのフィードバック
部署別、階層別、性別、年齢別、役職別ごとにストレス環境が把握できます。
時系列に客観的な詳しい組織データを把握できるため、一次ケア(予防開発)に向けて
活性化した組織風土づくりの施策を効果的に講じることができます。

ある流通企業様では、ストレス要因をメンタルヘルス面だけに限定せず、ES(従業員の満足度)という観点から捉え直し、ホスピタリティ向上に努めていらっしゃいます。
ストレスの要因(原因)は、従業員の方がどの分野で満足され、どの分野で不満足なのか…という視点に置き換えることができるからです。満足な点をさらに強化し、不満足な点を改善すれば、それだけ働きがいややりがいにつながり、ホスピタリティの質が向上することになります。

従業員の健康を経営的な視点からサポートします♪

6月末に最新のシステム環境にバージョンアップし、その時点でお譲りしたく考えております。

★☆★ 以下の方々におススメします ☆★☆
☆ストレスチェックを取り込みメンタルヘルス分野にさらなる販路を広げたい病院やクリニック(精神科・心療内科)
☆ストレスチェック義務化の対象企業(従業員50名以上)や学校(団体)
☆メンタルヘルス(EAP)分野を強化(深耕)したいコーチや講師(コンサルタント)、研修会社
☆メンタルヘルスのサービスの質を高めたい心理の専門家(臨床心理士・精神福祉士・カウンセラーなど)
☆関連領域を広げ、事業の安定、サービスの拡大を検討している社労士(事務所)
☆新規の事業分野として、メンタルヘルス関連に関心のある組織(個人) …など
新書が出版されました♪ 『メンタルヘルスに活かすTA実践ワーク』(金子書房)
『メンタルヘルスに活かすTA実践ワーク』が出版されました。

『汝自身を知れ』 古代ギリシャのデルフォイのアポロン神殿に刻まれていたといわれるこの言葉は、ソクラテスによって紹介された有名な言葉ですが、これほど私たちに重要で、そして壮大なテーマはおそらく他にはないのではないでしょうか。
私たちは、目や耳などの感覚器官が外に向いているために、どうしても意識が外に向きやすいといわれています。そのため、他人のことはよく見えるのに自分のことは実際のところよくわかっていないのが実情のようです。
ストレスやメンタルヘルスに関しても、外側(環境)に目が向きがちで、自分の内側に目を向けることを怠っていたり、軽視している傾向があるように思えます。実は、ストレスは外的環境からのものばかりではなく、私たち自身のこころの中に、ストレスを作り出すメカニズムがあります。
本書では、Transactional Analysis(交流分析)の各分析において、ストレスを自ら作り出していないだろうか…汝自身を知り、自己への“気づき”を深め、そして、自らを“築き”あげることで、セルフケア『自らの健康は自ら守る』を後押しします。
また、ストロークなどのワークでは、日頃から、メンタルヘルス不調者が出ないような『風通しの良い活性化した組織を創る』という予防のためのメンタルヘルス(一次予防)に重点を置き、ワークをご紹介しています。

メンタルヘルスに関して、即効薬や万能薬などあるはずもありませんが、本書を参考にしていただくことで、予防のためのメンタルヘルスや早期発見&早期治療を探るためのアイデアが豊かになれば嬉しく思います。

本書は、『職場に活かすTA(交流分析)実践ワーク』(金子書房)の第2弾として執筆させていただきました。併せてお読みいただけましたら幸いです。

ライフデザイン研究所
畔 柳 修

メンタルヘルスに活かすTAワーク

≪目次構成≫
まえがき
本書の活かし方
第1章 自我状態分析 −自分を知り、他者を知る−
第2章 ストローク −風通しの良い職場づくり−
第3章 人生の基本的態度 −健全な対人関係−
第4章 ラケット感情 −ニセの感情から本当の感情へ−
第5章 心理的ゲーム −ついついやってしまうイヤな関係−
第6章 時間の構造化 −充実した時間の創造−
第7章 ミニスクリプト(人生脚本) −ミニドラマの脚本を描き直す−
『ライフキャリア デザイン』セミナーが好評をいただいています♪
ここ数年、研修セミナーでは、「セカンドキャリア」をテーマとする関心が高かったように思います。
弊所では、セカンドキャリアという内容を、若干年齢を下げ、『ライフキャリアデザイン』と称して、ご提案させていただき、多くの企業様から、反響をいただいております。
わたし自身(畔柳修)50歳を直前に控え、参加者の方と同じ立場で、”もがき””あがく”姿勢を大切に取り組んでいます。

研修のねらい
不安定だったが夢と可能性にあふれていた若い時期は過ぎ、自分の将来が見えはじめます。うっかりすると、希望のない中高年になってしまいます。 
「もう若くはない。しかし、まだ若い」という二律背反の複雑な心境の中で自分を見つめ直し、再度、「自分探し」を始める時期にあたります。
これまでの仕事人生の総仕上げの時期に入るとともに、これからの仕事を含めた新しい時代のスタートの時期でもあります。
仕事と生活の両方を含むデザインを必要とすることから、「ライフキャリアデザイン」と表現します。
本研修では、キャリア発達課題における課題をしっかり自覚した上で、キャリアをデザインします。
『ライフキャリア デザイン』セミナー
新書のご案内 『キャリアデザイン研修 実践ワークブック〜若手・中堅社員の成長のために〜』
このたび金子書房様より、『キャリアデザイン研修 実践ワークブック〜若手・中堅社員の成長のために〜』を出版させていただくことになりました。
自身のキャリア開発に関心を持つビジネスマン、講師ファシリテーターや人事担当者などの方々へキャリア開発のメッセージ&ワーク集です。
≪目 次≫
第1章 キャリアを切り拓く重要性とキャリア論
第2章 キャリアデザイン研修に求められる受講姿勢・受講態度
第3章 やれること“SEEDS”の自己理解
第4章 やるべきこと“NEEDS”の自己理解
第5章 やりたいこと“WANTS”の自己理解
第6章 “WILL” 強い意志をもって未来を拓く

少しだけ手元にございます。些少ですが、送料と消費税をサービスさせていただきます。ご入り用でしたら、.織ぅ肇覘∈数A付先などを記載の上、info@e-eap.com まで、ご送信ください。(11月より発送させていただきます)

以下の書籍も手元にございます。よろしければ、併せてご一読ください。上記と同様、送料と消費税をサービスさせていただきます。
職場に活かすTA〔交流分析〕実践ワーク 〜人材育成、企業研修のための25のワーク〜(金子書房)
“言いたいことが言えない人”のための本 〜ビジネスではアサーティブに話そう!〜 (同文舘出版)
上司・リーダーのためのメンタルヘルス 〜うつにならない職場づくり〜 (同文舘出版)
こころの健康ワークブック 〜ストレスと上手につき合う認知行動心理学〜 (PHP研究所)
アサーティブ仕事術 〜気持ちが伝わる!意見が通る!〜(PHP研究所)
気分爽快!ストレス知らずハンドブック(PHP研究所)
ホスピタリティ・マインド浸透のためのご依頼(ゴルフ場様)
どの業界も競争激化ですが、ゴルフ場もバブル崩壊以降厳しい経営環境が続いています。
弊所の噂をお聞きくださった経営者様から、ご相談をいただきました。
関東圏で数箇所運営しているゴルフ場チェーン様より、「ゴルフへの関心が高まりつつあることを機に、CSやホスピタリティを向上し刷新したい」とご相談をいただきました。
経営陣の方々と打ち合わせを終え、以下のような取り組みを行いました。

<Step1>各ゴルフ場で時間帯を変えて、全スタッフがCSホスピタリティ研修を受講
<Step2>各ゴルフ場に講師ファシリテーターが出向き、数回にわたり全スタッフを、現場でのOJT指導&評価レポート
(註)評価となると、できていないことに目を向けがちですが、できている点、手本となる点も多くフィードバックいたします。
<Step3>各スタッフは、行動目標を掲げ、数ヵ月後に目標の進捗を確認し合う
<Step4>ホスピタリティ・マインドの高いスタッフを自主的に募り、各ゴルフ場でプロジェクトを立ち上げる
<Step5>プロジェクトで対話を続け、改善改革を行った施策を全チェーンへ水平展開
<Step6>経営陣ならびにプロジェクトメンバーによるクレド(行動指針)の作成
<Step7>各ゴルフ場において、クレドの浸透

上記の取り組みの間、多くの抵抗がありました。経営陣がマナーやエチケットのレベルが低いのに、自分たちばかりに強いるのはおかしいと反抗する古株の管理者もいらっしゃいました。勇気ある抵抗を大切に汲み取り、その強い抵抗(反抗)をポジティブな変革のエネルギーへと導く橋渡しに努力を重ねました。

率直に経営陣にも日々の姿勢を反省していただき、トップから変わろうとしなければ変革は起きないことを諭しました。この間、幸いにも、Step3で、驚くほどの変化が見られました。まるで別のゴルフ場に来たの?と目を疑ってしまうほどホスピタリティーの質が高まるゴルフ場があらわれはじめました。その変化が経営陣や管理者へ刺激を与え、皆が足並みを揃えて変わろうとする雰囲気が整い始めました。

ゴルフ場の雰囲気が変わり、お客者様への対応の質が劇的によくなった光景を目の当たりにさせていただくことで、弊所の講師ファシリテーターにも、自分たちが役立っている(貢献できている)ことが実感でき、やりがいや充実感といった空気が満たされました。

どうしても、研修は一過性になりがちで、日頃、受講後の変化・成長を拝見できる機会が少ないのですが、今回の取り組みは、1年強の長く継続したやりとりで、繰り返し、繰り返しフォローを重ね、成果が顕在化し、水平展開され、ゴルフ場様と弊所が共に成長できた幸せな空間でした。
社内講師の育成が相乗効果を生んでいます♪
すっかりご無沙汰しております。
最近は、大企業様や中堅企業様から、社内講師の育成のお声掛けを頂いています。先日は、大手流通会社から、若手におけるTransactional Analysis(交流分析)の講師の育成依頼があり、熱心な社内講師の方々と良き一日を過ごさせていただきました。

また、メンタルヘルスの社内講師の育成依頼が多く、弊所のテキストデータを提供しながら、セルフケアやラインケアの基本的な講義ができるように、産業保健スタッフやメンタルヘルス担当者の育成を図っています。
もともと弊所から提案させていただいたのがきっかけで、最近は、内容を口コミで聞きつけてくださり、お声掛け頂くようになりました。
社内講師の方が基本的なレクチャーできれば、中途採用者や昇進昇格者など、それぞれの変化の多い(変化をともなう)タイミングで講義ができ、その都度、外部講師を招かなくて済むので、たいへん喜ばれています。

中堅規模以上になると各地に支店が多く、その都度、外部講師というわけにもいきません。そのため、弊所からの提案で、社内の安全衛生管理者を集め、彼らに各地で基本的なレクチャーをしていただくようにしました。

そうすると、各地で意識の高い責任者が育ちその方を中心にメンタルヘルスへの啓蒙が図られ結果的に全社的に良い風土が築かれつつあります。
予想以上の相乗効果が発揮され、いまでは、メンタル・トレーニングやアサーティブ、タイムマネジメントなど、負担の少ない範囲で担当テーマを増やし、本社の人材開発や産業保健室からのアプローチだけでなく、支店発全国展開を促進しています。

さらに、支店での成功事例が全社に水平展開され、より好ましい予防のためのメンタルヘルスの風土が築かれる階段を着実に登り始めています。

吉報!セルフケア&ラインケア&ご家族のためのコンテンツ情報サービス開始
弊所のコンテンツには、書籍にして約40冊ほどの情報が組み込まれております。
〔例〕メンタル不調になった際に近くでとこに行けば…
〔例〕病院はどの科を受診したら…
などの情報やワークシートをはじめ、

下記のURLの4ページにございます通り、数多くの多くのストレスチェックが組み込まれております。
http://e-eap.com/header/pdf/pamphlet.pdf

当初は、弊所開発の『こころの健康診断』の付加価値(セルフケアやラインケアの促進ならびにご家族様の健康管理)として、作成したものですが、お客様より、「既にストレスチェックは他社のものを導入しているので、セルフケアやラインケアなどの情報のみを提供してもらえないか」…とのご要望が多いことから、『こころの健康診断』以外の全コンテンツ情報(セルフケア&ラインケアの情報サービス)を新しく、お値打ちな価格でご提供させていただくことにいたしました。
〔例〕従業員1,000人様以上の場合、500円(税別)/年間お一人様
   で、ご提供させていただいております。(ID/PASSをご提供)

新型うつでお困りの企業様が多いことは承知しておりますが、マネジメントやリーダーシップ研修などの休憩時に受講者様から

ご本人様ではなく、ご家族の方のメンタル不調に関する悩みをよくお聞きします。
〔例〕妻が出産後、元気がなく、最近は朝早く悩み事を相談されるのですが
〔例〕子どもが不登校になり、どうしたらよいものか

多くのEAP企業様には、ご家族向けのカウンセリング機能はありましても、気軽な情報機能は少ないように思います。

そこで弊所のコンテンツ情報を従業員の方だけではなく、ご家族様にも気軽にご活用いただくことで、少しでもご家庭の皆様が健康でいてくだされば…との想いから、気軽にご活用いただくサービスとして、ご提供させていただきます。

既に多くの企業様(健康管理センター)から、ご賛同を頂いております。
ご家庭(職場外ストレス要因)が円滑であれば、必ずや従業員の方も仕事に集中でき、そして生産性が高く、相互作用のより良い関係が成立します。

ご家族の健康は、従業員の方の健康やモチベーションに関与するわけですから、ぜひ、セルフケア&ラインケアの情報を従業員様に、そして、ご家族の皆様にご提供ください。

ご関心がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先:info@e-eap.com
金子書房様主催の公開セミナーのご案内 『 職場に活かすTA(交流分析) 実践ワークセミナー 』
2012年9月13日(木)〜2012年9月14日(金)
金子書房様主催の『職場に活かすTA(交流分析)実践ワークセミナー(2日間)』の講師(ファシリテータ)を務めさせていただきます。
職場のコミュニケーションを円滑にする、好ましいリーダーシップを発揮する、組織の活性化を促す、など職場に活かせるTAの理論と実践ワークを紹介しながら、教育・研修に使えるワークを実践します。
詳しい内容やお申し込みは、下記のURLをご覧ください。

http://www.kanekoshobo.co.jp/np/seminar_detail.html?seminar_id=14&date=20120913
【出版】 職場に活かすTA〔交流分析〕 実践ワーク: 人材育成、企業研修のための25のワーク
このたび、金子書房様より、『職場に活かすTA〔交流分析〕実践ワーク: 人材育成、企業研修のための25のワーク』を出版させていただくことになりました。
書店にて、お立ち読みいただけましたら幸いです。
****内容のご紹介****
TAとは、Transactional Analysis(トランザクショナル・アナリシス)の略語です。TAは、人間行動に関するひとつのまとまった理論です。わかりやすい日常語を用い、体系的にまとめられているため、人と人とが交流する場、ふれあう場で、自己探求(可能性の開花)や人間関係の改善、効果的なリーダーとしての行動変革を目的として、たいへん普及しています。本書は、TAを研修の場で、ファシリテートする方のために多くのワークを取り入れて書き上げられています。
オフィス移転のご案内
日頃はたいへんお世話になっております。
わたくしライフデザイン研究所の畔柳でございます。

このたび、弊所は数名のスタッフとともにオフィスを下記署名欄
の通り、関東に移すこととなりました。

引き続き、以下の4つの柱を軸に『個人の輝きと職場の活性化
を応援したく思います。

人材開発(研修セミナー/ワークショップ)
キャリアデザイン/リーダーシップ/Transactional Analysis/
モチベーション・マネジメント/リスニング(積極的傾聴)/ア
サーティブ・コミュニケーション/ファシリテーション・スキル
/目標管理のためのコーチング/メンタル・コーチング/メンバ
ーの能力を引き出すコーチング/NLPをベースとしたコミュニ
ケーション/認知行動療法をベースとするストレス・マネジメン
ト/ライフデザイン/戦略思考トレーニング/階層別研修など

心理&キャリアカウンセリング
心理カウンセリング/キャリア・カウンセリング/エグゼクティ
ブ・カウンセリング/グループ・カウンセリング/ビジネス・
コーチング/個別によるビジネストレーニング/個別による講師
(ファシリテーター)育成など

組織開発(経営コンサルティング)
経営診断(モチベーション診断・組織風土診断・財務分析・人事
管理診断など)/ポジティブ・アプローチによる組織風土の活性
化/HPI(Human Performance Improvement)人材開発プロセス
/CSホスピタリティ調査/採用支援(個人特性分析・能力検
査・モチベーション分析)/経営戦略の策定(経営理念からビジ
ョン、年度計画策定まで)/CS〔顧客満足〕ホスピタリティ&
ES〔従業員満足〕風土の構築/コンピテンシー・目標管理・多
面評価などの育成システムの導入など

EAP(メンタルヘルス)従業員援助プログラム
こころの健康診断(ストレス・チェック)/セルフケア&ライン
ケア/ストレス・コーピング/通信講座/職場復帰支援/ハラス
メント対策など

引き続き、ご支援いただけましたら幸甚でございます。
いろいろなストレス対処法(コーピング)をtwitterでつぶやいています♪
ライフデザイン研究所を主宰する畔柳修が『ストレス・サプリ』をテーマに、かる〜くつぶやいています。サプリメントを摂るように、気軽にストレス解消法や対処法(コーピング)を身につけていただきたいと願い、つぶやいています。
フォロー・リムーブご自由に♪ リプライ等が遅くともご容赦ください。
ぜひ、ご覧ください♪ ⇒ http://twitter.com/strokemind
キャリアデザインに関する想いを綴ったブログを始めました♪
ライフデザイン研究所を主宰する畔柳修が『キャリアを拓くとき』をテーマに、キャリアデザインやライフデザインを創造する際のヒントを中心に綴っています。
年間100日ほど、キャリア・デザインの研修を担当させていただいている中で次のような違和感を抱いています。
ハウツーを学ぶことに慣れてしまっている私たちは、自分のキャリアにおいても、正解があるかのように、簡単な方程式があるかのように安易に捉えている傾向が目立ちます。自分の内側を見つめることに慣れていないせいか、戸惑う受講者も珍しくありません。外側ばかりから答えを受け取ってきたことに慣れてきたのですから、急に応え(答え)は自分の中にしかないと言われても、身動きができないのも当然なのかもしれません。
そんな方々にメッセージを贈ることで、少しでも自己対話を深めていただけたら…そんな動機からはじまったブログです。
ぜひ、ご覧ください♪ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/strokemind
『こころの健康診断』のノウハウ提供
これまで、代理店による『こころの健康診断』の提供に限定して参りましたが、ノウハウそのものの提供を希望される同業者やイントラネットに掲載したいという企業様からの声を反映し、『こころの健康診断』のノウハウそもののをご提供することになりました。
お問い合わせは、info@e-eap.comまで、お寄せください。
各階層別研修にラインケア&セルフケアを!
人財育成において、いまも階層別研修は欠かせない重要なテーマの1つとなっています。従来から、新任管理職の研修などには、人事労務の教育を中心に半日ほどの時間を割いている企業様がほとんどです。
最近は、新任という条件を取り除き、各階層別にメンタルヘルスに関するテーマを半日ほど組み入れて欲しいというご依頼を多く頂きます。
通常であれば、メンタルヘルスの時間帯は、外部の精神科の医師や産業医などに依頼するのでしょうが、弊所ではリーダーシップや問題解決、キャリア開発など、各階層別のテーマにメンタルヘルスを加えることができるため、クライエント企業様にはコスト的にも、たいへんご満足いただいています。
コストよりもメリットを感じていただけるのは、リーダーシップやコミュニケーションなど、それぞれのテーマの中にも、講師からメンタルヘルスを少し調味料としてふりかけることができるため、”メンタルヘルスの時間帯だけがメンタルヘルスのテーマ ”という境界がなく、たいへんご満足いただいています。
また、たいへん有り難いことに、2日間の階層別研修の休憩時間などに、受講者の方々が部下のこと、ご家族のこと、ご自身のことなど、悩みを打ち明けてくださる機会が増え、講師として少しでもお役に立てていることを実感しています。最近のケースでは、奥様が産後うつの症状を訴えている事例が相談され、受講者ご本人も病院に連れて行きたくとも連れて行く方法がわからず、途方に暮れていらっしゃいました。そこで、奥様への声掛けをアドバイスするとともに、受講者の方とはメール相談を続け、ご一緒にお住まい近くの医者や専門機関を探し、たいへん喜んでいただいています。
(このケースは、人事の方には具体的な受講者のお名前は伏せ、受講者ご本人の了解のもと、上記の問題を抱えている受講者がいるという報告をするとともに、講師がサポートを続ける旨をお知らせしましてあります。人事担当者からは、「本来は私たちがすべきことを講師の方にここまでしていただいて、感謝しています」…と、お言葉をいただいています)

ぜひ、メンタルヘルスの講義を新任時だけに限定せず、各階層別研修などで継続的に取り組んでいただければと思います。
ご関心をある方は、ぜひ、お気軽にメールを頂ければ、事例をご紹介したり、ご一緒に構想するなど、サポートさせていただきます。
お問い合わせは、info@e-eap.com 畔柳(くろやなぎ)まで、お気軽に。
EAP(メンタルヘルス)事業の設立/起業 支援コンサルティング
私どもでは、EAP(メンタルヘルス)を新規事業として設立する企業様や起業をお考えの方々から多くのコンサルティングの依頼を受け、弊所のノウハウをご提供しながら、支援サービスを展開しています。
また、既に事業として立ち上げているが順調に運用できていない企業様からの依頼もお引き受けしております。
≪支援サービスの一例≫
☆ 『こころの健康診断』ならびに、HPの全コンテンツのご提供
☆ セルフケア、ラインケア、ハラスメントなど、メンタルヘルス研修のノウハウのご提供
☆ コミュニケーションやキャリアデザイン、階層別研修などのノウハウのご提供
☆ TA(交流分析)や認知行動療法、システムズアプローチなどの希少学習ツールのご提供
☆ 心理カウンセリング、メールカウンセリングの支援
☆ HPの作成支援(コンテンツやコメントのご提供)
☆ 販売促進、マーケティング戦略の支援
☆ 職場復帰ワークショップ共同開催
☆ 職場復帰プログラムのノウハウのご提供
☆ 研修ワークショップなどの教材のご提供
☆ EAPコンサルティングのノウハウのご提供
☆ 新規採用/中途採用支援のノウハウのご提供
☆ エグゼクティブ・カウンセリング、エグゼクティブ・コーチングの支援
☆ コーチング、キャリア・カウンセリングのノウハウのご提供 ……などなど
ご関心のある方は、お気軽に info@e-eap.com まで、お問い合わせください。
書籍購入希望者様へ吉報♪
弊所のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。
弊所所長(畔柳修)執筆の書籍(PHP研究所出版)3冊に関しまして
それぞれ在庫を各100冊確保いたしました。
ご希望の方は、メールにてお問い合わせください。info@e-eap.com
★こころの健康ワークブック−認知行動心理学によるこころの柔軟体操−
★アサーティブ仕事術−気持ちが伝わる!意思が通る!−
★気分爽快!ストレス知らずハンドブック
BIG tomorrow 10月号に「自己主張テクニック」が5ページにわたり掲載♪
BIG tomorrow 2010年10月号の61ページ〜65ページに渡り、相手を怒らせずに自分を通す!出る杭でも打たれない「自己主張テクニック」をテーマに原稿を掲載させていただきました。
コミュニケーションはテクニックではなく、その人の生き方の現れですから、テクニックに偏ることに抵抗を覚えますが、雑誌という限られた誌面であり、断定的にテクニックを謳い文句にしないと読者に惹かれない…という制約のもと自分を抑えつつ、校正をいたしました。
チェックリストやDESC話法など、参考にしていただける内容が多く盛り込まれていると思います。
ぜひ、立ち読みでも!!
中部経済新聞社様より全30回 メンタルヘルス『個人の元気と組織の活性化』の連載開始!
このたび、中部掲載新聞社様のご厚意により、7月8日(木曜日)より、全30回の連載が決定しました。
テーマは、メンタルヘルスを中心に『個人の元気と組織の活性化』と題して、弊所のEAP(メンタルヘルス)活動を交えながら、執筆させていただきます。
第1回 他人事と考えず心の不調は早期治療を
第2回 ストレスに強い職場づくり
第3回 9つの領域を捉えたアプローチ
中堅中小企業様・ベンチャー企業様向けEAPサービス開始
弊所では、このたび中堅中小企業様・ベンチャー企業様向けのEAPサービスを構築し、サービスを開始することになりました。
メンタル悪化に際し、そのダメージは、大企業様と比べものにならないほど大きな痛手を伴います。そのため、弊所では、コンサルティング/人財育成という強みとEAPをセットにしながら、経営者のサポート、従業員の方々のサポートを展開して参ります。
詳しくは、下記をご覧ください。
http://e-eap.com/mentalpack/index.shtml
共同通信社様より全15回 全国紙に 『予防のためのストレス学』 連載
共同通信社様から、ご依頼を頂き、全15回『予防のためのストレス学』と題して全国紙への連載が始まりました。
2週間に1回のペースで掲載いただけるようです。
新聞各紙により掲載日などまちまちですが、ご覧いただけましたら幸いです。
第1回 しなやかにこころを管理
第2回 ストレスは成長に欠かせない
第3回 気分日記のすすめ
第4回 価値観は感情のコントロールに有効
第5回 毎日1つの楽しみを…
【名古屋オフィスの移転と東京オフィス開設】のご案内
いつも弊所のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。
このたび、名古屋オフィスの移転と東京オフィスの新設をすることになりました。
10月1日より、下記の新しいオフィスで、より皆様のお役に立てますようスタッフ一同、
尽力して参ります。

〔名古屋オフィス〕
〒460-0008
名古屋市中区栄3-2-3 名古屋日興證券ビル4階
電話番号:052-269-8088

〔東京オフィス〕
〒108-6028
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟 28階
電話番号:03-6717-4003

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。



【研修テキスト/研修ツール教材】の販売を開始しました!
ライフデザイン研究所では、EAP(メンタルヘルス)を軸としながらも、数多くの企業様から人財開発(研修セミナー)や組織開発(経営コンサルティング)のご依頼をいただいております。
このたび、弊所がクライエント企業様に高い評価をいただいているテキストやツールをデータのまま、ご提供させていただくことにいたしました。
それぞれのテキストは、タイトル間で同じテキスト(スライド)を用いていることはありませんので、安心して複数の教材ツールをお買い求めいただけます。
http://e-eap.com/tooltext/index.shtml
パワーポイントの多くは、スライドショーの設定がされ、研修効果を高める工夫がされています。また、メンタルヘルス関連のテキストに用いられているグラフの多くは、エクセルで構築されています。鮮明で、しかもデータを容易に更新することができます。
各タイトルには、受講者の“気づき”を促すワークシートやエクササイズがたくさん盛り込まれています。

価格など詳細は、お気軽にEメールにて、お問い合わせください。(お問い合わせ先:info@e-eap.com)
【新書】 『新版TEG活用事例集』(金子書房)のご案内
新書 『新版TEG恭萢兒例集』(金子書房)のご案内
このたび、金子書房様より、協著で「新版TEG恭萢兒例集」を6冊目の
書籍として出版させていただきました。
Transactinal Analysis(交流分析)の中から、自我状態分析、やりとり分析を
取り上げ、「コミュニケーション研修で活用する」というテーマで執筆いたしました。

皆様の何かのお役に立てましたら、幸甚でございます。

今後とも弊所は、EAP(メンタルヘルス)コンサルティング、
人財開発(研修セミナー/ワークショップ)、組織開発の3軸で
活動して参ります。

皆様のお役に立てることがございましたら、お気軽に
info@e-eap.com まで、お問い合わせください。

”言いたいことが言えない人”のための本(同文館出版)が台湾で出版されました!
台湾版”言いたいことが言えない”人のための本
”言いたいことが言えない人”のための本−ビジネスではアサーティブに話そう!−(同文舘出版)が好評につき、台湾で出版されることになりました!
【取材】日経ビジネス Asscie 「引き受けグゼ 怒りをうまくコントロール」
日経ビジネス『アソシエ』 2009年2月3日号
日経ビジネス『アソシエ』 2009年2月3日号page2
お陰様で、”言いたいことが言えない人”のための本−ビジネスではアサーティブに話そう!−(同文舘出版)、アサーティブ仕事術−気持ちが伝わる!意見が通る!−(PHP研究所)が好評のため、日経ビジネス社様から、引き受けグゼへの対処法として、アサーティブの取材を受けました。
2009.02.03号(34ページ、35ページ)に掲載していただきました。
連載 会社法務A2Z 2009年2月号(第一法規) 『エグゼクティブカウンセリングのすすめ』
会社法務2月号会社法務2月号
【取材】 シティリビング 『職場で効く!アサーティブ・コミュニケーション』
名古屋リビング新聞社様よりアサーティブの取材を受けました。
タイトルは、『職場で効く!アサーティブ・コミュニケーション』です。
イラストやカラーを交えて、読みやすく構成いただきました。
詳しくは、情報紙だけでなく、ホームページからもご覧いただけます。http://www.citywave.com/nagoya/front/081203/ 
気軽に楽しく、アサーティブをお学びください。
ご要望にお応えし、【個人会員】の募集をはじめました!
このたび、個人の方々からのご要望にお応えするために、個人会員の募集をさせていただくことになりました。
ご入会の手順
.瓠璽襪砲董△名前、ご住所、ご連絡先と共に、個人会員ご希望の旨をお伝えください。
∧製蠅茲蝓同意書と請求書を発送いたします。
F碓媾颪箸監金の確認後、IDとPASSをメールにてお知らせいたします。
ご入会のメリット
 悗海海蹐侶鮃診断』が年4回受検できます。
◆悗海海蹐侶鮃診断』の受検結果に応じた学習や情報が得られ、こころの健康の維持増進(or早期発見)を後押しします。
専門医や専門機関を日本地図上などから検索でき、困ったときに頼りになります。
だ賁膂紊筌ウンセラーの選び方など、受診における不安や疑問を軽減するためのアドバイスが得られます。
ヌ鵤苅虻ほどのメンタルヘルス情報が学習でき、ストレスの正しい知識やストレス対処法などが習得できます。
Τ銅錣隆憤廛好肇譽好船Д奪などが網羅され、ご家族のこころの健康の維持管理も行えます。
Д薀ぅ侫妊競ぅ鷂Φ羹蠎膾鼎慮修やワークショップが会員価格で受講でできます。(一部除外がございます)
┘薀ぅ侫妊競ぅ鷂Φ羹蠎膾鼎離ウンセリング/キャリア・カウンセリングが会員価格で受けられます。
連載 会社法務A2Z 2008年12月号(第一法規) 『習慣化しよう!こころの健康診断供
会社法規12月号会社法規12月号
新書のご案内  『アサーティブ仕事術』 −気持ちが伝わる!意見が通る!− (PHP研究所)
ビジネスの現場では、取引先との交渉や社内の調整など、上司・同僚・取引先といった立場の異なる相手に対して自分の考えを伝える必要があり、高度なコミュニケーションスキルが求められています。
相手の意見を尊重しつつ、適切に自分の考えを表明することは、業務を円滑にするだけでなく、健全な職場(社会)生活に不可欠なことです。にもかかわらず、実際には、自分の意見を押し通すために高圧的にふるまったり、相手に萎縮して自分の考えをまったく伝えられずにいることがしばしば見受けられます。
そこで本書では、自分の考えを「攻撃的になることなく」「萎縮することなく」適切に伝える「アサーティブ」な言動を、人材コンサルタントの経験を交えながら、ビジネスの現場を中心にご紹介しました。
ともすると、アサーティブは自己表現とか自己主張と訳されるため、表現する、主張するという伝える技術に限定するものだと受け取られがちですが、アサーティブは、“伝え方”という技術とともに、自他を尊重しようとする“在り方”でもあり、私たちの人生を豊かなものにすることを援助してくれるものなのです。

本書では、自己表現における自己の在り方を問い直すためのワークシートをご用意しました。自らに“気づき”、そして、“築き上げる”という自己対話や自己創造の機会が盛り込まれています。
自分自身にアサーティブになることが、職場をはじめとする他の領域においてもアサーティブになるための基本的な第一歩なのです。
連載 会社法務A2Z 2008年9月号(第一法規) 『治すためのメンタルヘルスから、予防し高めるためのメンタルヘルスへ』
会社法務9月号会社法務9月号
『こころの健康診断』(ストレスチェック)の代理店募集!5社様限定!
『こころの健康診断』のバージョンアップを機会に、販売代理店様を募集させていただくことになりました。
販促ツールなどバックアップ体制も万全です。お気軽にお問い合わせください。(お問い合わせ先:info@e-eap.com 担当者:クロヤナギまで)
≪代理店様のメリット≫
❏ EAPサービスの幅や質を高めることができます
❏ 契約先企業の現状が全社レベル、部署別、年齢別、職種別、階層別などで把握でき、その結果に応じた具体的な提案ができます
❏ メンタルヘルス研修にフィードバック結果を組み入れることで、独自性が高く、契約先企業の実情に即した研修を提供できます
❏ 代理店様用のID/PASSをご提供するため、弊所ホームページの全コンテンツをご覧いただけます
❏ 定期的な収益確保となり、安定的な経営基盤の一助となります
❏ 個人特性分析/組織風土診断のサービスもご提供します …など
『こころの健康診断』(ストレスチェック)のバージョンアップ
『こころの健康診断』をバージョンアップしました。
【性格特性とコーピング】【職場活性化グラフ】を追加しました。
【性格特性とコーピング】では、アサーティブやハーディネス(しなやかさ)の尺度とともに、8タイプのコーピング(ストレス対処法)傾向が把握できます。
日頃の自分のストレス対処傾向に気づくとともに、ストレス対処法を高めるための情報が網羅されています。
【職場活性化グラフ】では、元気/活力、ジョブ・エンゲージメントなどのポジティブ尺度も時系列で表示され、「治すためのメンタルヘルス」から『高めるためのメンタルヘルス』へ向けて、参考にしていただれば幸いです。
下記のURLでは、フィードバックサンプルをご覧いただけます。
http://e-eap.com/kokoro/km_03/index.shtml
【取材】中部経済新聞 関心集める「怒りへの対処」
中部経済新聞2008年7月22日(火曜日)
お陰様で、”言いたいことが言えない人”のための本−ビジネスではアサーティブに話そう!−(同文舘出版)、アサーティブ仕事術−気持ちが伝わる!意見が通る!−(PHP研究所)が好評のため、中部経済新聞様から、怒りへの対処法について取材を受け、朝刊に掲載していただきました。
【取材】神戸新聞 「怒りをうまくコントロール」
神戸新聞2008年6月23日(月曜日)
お陰様で、”言いたいことが言えない人”のための本−ビジネスではアサーティブに話そう!−(同文舘出版)、アサーティブ仕事術−気持ちが伝わる!意見が通る!−(PHP研究所)が好評のため、神戸新聞様から、怒りへの対処法について取材を受け、朝刊に掲載していただきました。
【取材】山形新聞 「仕事の怒り どう対処」
山形新聞2008年6月21日(土曜日)
お陰様で、”言いたいことが言えない人”のための本−ビジネスではアサーティブに話そう!−(同文舘出版)、アサーティブ仕事術−気持ちが伝わる!意見が通る!−(PHP研究所)が好評のため、山形新聞様から、怒りへの対処法について取材を受け、朝刊に掲載していただきました。

【取材】河北新報 「怒りのコントロールを」
河北新報2008年6月23日(月曜日)
お陰様で、”言いたいことが言えない人”のための本−ビジネスではアサーティブに話そう!−(同文舘出版)、アサーティブ仕事術−気持ちが伝わる!意見が通る!−(PHP研究所)が好評のため、河北新報様から、怒りのコントロールについて取材を受け、朝刊にして掲載いただきました。
新書〔2冊〕のご案内  ストレス知らずハンドブック!/上司・リーダーのためのメンタルヘルス
このたび、
気分爽快!ストレス知らずハンドブック(PHP研究所)500円(税込)      
ストレスを溜め込まないアイデアとともに、ストレスを溜め込んだ際に、そのストレス要因を軽減するアイデアの両方を盛り込みました。
お気軽にお読みいただけるように構成いたしました。  
上司・リーダーのためのメンタルヘルス−うつにならない職場づくり−(同文舘出版) 1,260円(税込)
健康な個人なくして健康な職場は成立しないとともに、健康な職場なくして個人の健康は成立しません。 
治すためのメンタルヘルスから、予防し高めるためのメンタルヘルスへの取り組みをわかりやすくご紹介しています。

書店で立ち読みでもしていただけたら、嬉しく思います。
オフィス移転のご案内  名古屋市中村区名駅3丁目(名古屋駅 徒歩5分)
このたび、オフィスを東京から名古屋へ移転させていただくこととなりました。従来通り、東海地区を基盤に、『個人のこころとからの健康と組織の活性化』をサポートいたします。
〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-11-10 ゴトウビル3階
TEL<052>908-1410 FAX<052>908-1420

正式な稼動は、5月7日からとなります。オフィスの移転を機に、4月11日から2週間強、スタッフと海外のワークショップに参加します。自己を研鑽し、EAP(メンタルヘルス)の質をより高めたいと思います。

オフィスのスペースは、研修やワークショップが開催できる広さがあります。外部の方々にもお借りいただけるようにいたしましたので、ぜひ、ご利用ください。
新書のご案内  ”言いたいことが言えない人”のための本(同文舘出版)
今回、『こころの健康ワークブック』(PHP研究所)に続き、
『“言いたいことが言えない人”のための本』(同文舘出版)
−ビジネスではアサーティブに話そう!−〔価格1,300円〕
が書店に並ぶこととなりました。
アサーティブを単にスキルと捉えることなく、生き方として
大切に表現しつつ、職場で活かせるスキルを盛り込みました。

また現在、(仮題)『リーダーのためのメンタルヘルス』
−治すためのメンタルヘルスから、予防のためのメンタルヘルスへ−
も、同文舘出版社様に原稿を提出済みです。年内出版に向けて進行中です。
併せて、ご覧いただければ光栄です。
社名変更のご案内
2007年3月31日をもちまして、社名をメンタルヘルスケア研究所から『ライフデザイン研究所』に変更させていただきます。ストローク“こころの栄養素”が溢れ、個人と組織が共に輝く居場所づくりをサポートします!
個人の元気なくして、組織の活性化はありえません。また、組織の活性化なくして、個人の元気も長続きしません。双方が好循環に相互作用するような仕掛け (ご提案) をさせていただきます。
『こころの健康診断』バージョンアップ
こころの健康診断をより効果的にご活用いただけるようにバージョンアップいたしました。
従来、個人の受診結果は、本人の同意を得て、事業場内の産業保健スタッフに結果データを送信していました。今回、早期発見&早期治療を推進するためにも、契約企業様のご要望をお聞きし、対象者全員の受診データを事業場内産業保健スタッフに送信する機能を追加しました。(選択式)
『こころの健康診断』の実施に際しては、しっかりと取り扱いの周知徹底と個人情報の管理には、細心の注意をしていただきます。
代理店募集!
『こころの健康診断』の代理店募集!
〔代理店様のメリット〕

『こころの健康診断』は、部署別、年齢別、性別、役職別、階層別など、さまざまな切り口でクライエント企業様の現状を把握することができます。その現状データを元に“風通しの良い元気な組織づくり”への予防改善策をご提案することができます。
ID/PASSをご提供しますので、弊所のさまざまなコンテンツをご自由にご覧いただけます。
弊所から、人材開発/研修セミナー、組織開発/経営コンサルティングなどのサポートが得られます。
『こころの健康診断』の診断内容は、ES(従業員満足)調査表にも役立てることができ、クライエント企業様に幅広いご提案が可能となります。
『こころの健康診断』以外にも、個人特性診断/組織風土診断などの診断ソフトもご活用いただけます。
通信講座も代理店価格でお譲りします。予防のためのメンタルヘルスの推進にお役立てください。
弊所の所有しているビデオ、マニュアル、テキストなどもご提供が可能です。
研修セミナーのカリキュラム刷新
個人の成長&組織の成長&社会の成長
研修セミナー〔ワークショップ〕のカリキュラム事例を次の5つのテーマにし、より見やすく掲載いたしました。
御社のご要望に応じてカスタマイズさせていただきます。 
メンタルヘルス〔カウンセリングマインドなど〕 「治すためのメンタルヘルス」から、『予防し高めるためのメンタルヘルス』へ 精神療法(カウンセリング)を分かりやすく実践的なプログラムをご提供します。
コミュニケーション〔コーチング/ファシリテーション〕 コミュニケーションが円滑な組織は健康で生産性も高いものです。職場の風通しを良くし、健康でイキイキした人間関係づくりを弊所独自のアプローチでご提案します。
キャリアデザイン〔ライフデザイン〕 ひとりひとりが自分自身の『生きる意味』や『働く価値観』に支えられた“創造的な人生”を歩むためのきっかけづくりをご提供します。
リーダーシップ&モチベーション 社会心理学や動機づけ理論などをベースに、そのメカニズムに沿った最も効果的な方法で体験学習していただきます。
階層別セミナー 新入社員研修から管理職研修まで、さまざまなプログラムをご提供しています。
オフィスの移転のご案内
このたび、ライフデザイン研究所への社名変更とともにオフィスを愛知県から東京都港区に移転しました。
「治すためのメンタルヘルス」から『予防し高めるためのメンタルヘルス』へ、より積極的に取り組んで参ります。

〒108-0014 東京都港区芝4−11−1 MBE111
TEL:03−5953−7115  FAX:03−5953−8862 
こころの健康ワークブック出版
このたびPHP研究所様より、こころの健康ワークブック−認知行動心理学によるこころの柔軟体操−を出版させていただきました。
読者にストレス対処力を身につけていただけるように、随所にワークシートを設け、うつ病などの治療のための認知行動心理学から、予防のための認知行動心理学への試みをいたしました。
この先、アサーティブ、リーダのためのメンタルヘルスなどを執筆する計画がございます。手に取っていただけたら幸いです。

 ライフデザイン研究所


SELECTED ENTRIES
MOBILE