logomark[メンタルヘルス EAP] 個人の輝きと組織の活性化を応援します!
ライフデザイン研究所-LifeDesign Institute-[メンタルヘルス EAP]
TOP パンフレット[メンタルヘルス EAP] 会社概要[メンタルヘルス EAP] お問い合わせ[メンタルヘルス EAP] 個人情報保護ポリシー[メンタルヘルス EAP] サイトマップ[メンタルヘルス EAP]
ライフデザイン研究所からのお知らせやキャンペーン情報、メンタルヘルスケアに関するニュースやトピックスをお届けします。
<< May 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新しい書籍の出版♪ 『メンタルヘルス 実践ワーク』 −生産性と人間性を織り成す企業づくり−
≪まえがき≫
企業はそれぞれにかけがえのない個性豊かな一人ひとりに支えられています。一人ひとりをおろそかにせず、個性を活かしてこそ、活き活きとした企業が実現します。
社会に貢献するために企業があるにもかかわらず、その陰(背後)にメンタルヘルス不調や自殺を生み出している現実をどう捉えますか。個人の問題であると言い切れるでしょうか。
収益(売上)とメンタルのバランスをどう計っていくか、両立していくか、私たち一人ひとりに問われています。
生産性ばかりに目を向けるのではなく、生産性と人間性の両立を図る、縦糸と横糸で織り成す企業経営を本書を通して、ご一緒に考えていただければ嬉しく思います。

≪目次の一例≫
第1章 セルフケア −自分の健康は自分で守る!−
ストレスって?
セルフケアは、『自分の健康は自分で守る』という自覚から
いつもと違う自分に気づく
★ワーク<1>ストレスのシグナルに早めに気づく
★ワーク<2>こころの天気図
「書く」ことの効用
ストレスと価値観の関係
仲間のSOSを見逃さない
★ワーク<3>ストレスチェック(他者評定)
ストレス対処法\儷謀な“休養”のすすめ
ストレス対処法◆罰擇靴ぁ匹鬟廛譽璽鵐箸垢
ストレス対処法コントロールできないことは悩まない
ストレス対処法で困潺織ぅ爐料論
★ワーク<4>時間の有効活用
★ワーク<5>先延ばしの損得勘定
ストレス対処法ゥ爛世淵好肇譽垢鬚燭畊まないために
ストレス対処法柔軟な受けとめ方
★ワーク<6>こころの柔軟体操
ストレス対処法Д宗璽轡礇襯優奪肇錙璽を築こう
ストレス対処法等身大の自分で接しよう
ストレス対処法怒りのコントロール
ストレス対処法“No”を伝えよう
ストレス対処法笑いの効用
★ワーク<7>ストレスコーピング収集
★ワーク<8>ストレスコーピング アドバイス
★ワーク<9>コーピング探し
★ワーク<10>カルテづくり
★ワーク<11>変化を先取りする
ストレス対処法健康的なライフスタイルを築く
リラクセーション(イメージトレーニング)あれこれ

第2章 ラインケア −風通しの良い職場づくり−
★ワーク<1>カウンセリング・マインド
『子どもの話に耳を傾けよう』
★ワーク<2>カウンセリング・マインド⊆遜
『積極的に相手の話を聴く』
相談場面の環境整備
★ワーク<3>リフレーミング
リフレーミングの例
ワークシート:自分の長所“再発見”
『私の祈りに対する神の応え』
ラインケアの主体となるリーダーの心得
リーダーに多い、タイプA行動

第3章 組織・全社で取り組むメンタルヘルス対策
メンタルヘルス対策の意義
9つの領域からのアプローチ
★ワーク<1>9つの領域へのアプローチ 
職場ストレスが深刻化する背景
ストレスチェック(こころの健康診断)のススメ
求められる定量的なモニター
組織データをES(従業員満足度)調査と活かす
ストレスチェック受検後の提案事例
リーダー・リーダーが果たす緩衝材役
自由裁量度を高める仕掛け
メンタルヘルスケアにおけるリーダーの役割
予防のためのカウンセリング
【吉報】 ストレス・チェック 『こころの健康診断』 システムごと、お譲りいたします♪
昨年の6月に従業員50名以上の企業には、ストレスチェックが義務化される法案が可決され、本年12月1日より施行されるため、ストレス・チェックの重要性が高まっています。

このたび、弊所では、長年の力作(ノウハウ)を弊所のみに止めるのではなく、
多くの企業様にご活用頂ける様、システムごと、お譲りする方針を決めました。
サーバーにあるデーター(ソース)ごと、お譲りしますので、屋号やデザインなど思いのままに加工いただくことも可能です。
『こころの健康診断』〔ストレスチェック〕の詳しい内容は、
http://e-eap.com/header/pdf/pamphlet.pdfをご覧ください。

『こころの健康診断』〔ストレスチェック〕の主な特徴は以下の通りです。

1.個人へのフィードバック 『自分の健康は自分で守る
,海海蹐箸らだの健康状態
▲好肇譽紅娠と職場のストレス原因
性格特性とコーピング(ストレス対処傾向)
3種類のフィードバックと、結果に応じたeラーニング(コンテンツ)が数多く盛り込まれています。
競合他社様との大きな違いは、受検結果が終わりではなく、自身の現状に応じたストレス・コーピング(ストレス解消法)が判断でき、その場で学習(情報提供)が得られる点です。

2.管理職〔リーダー〕へのフィードバック
設定時に閲覧できる階層を決めておけば、その対象者(管理職・リーダー)自身が
所属する組織の「こころとからだの健康状態」「ストレス要因」が詳細に把握できます。
データ結果から、職場の活性化へ向けて、風土改革に取り組むことができます。

3.人事部(産業保健スタッフ)&経営層へのフィードバック
部署別、階層別、性別、年齢別、役職別ごとにストレス環境が把握できます。
時系列に客観的な詳しい組織データを把握できるため、一次ケア(予防開発)に向けて
活性化した組織風土づくりの施策を効果的に講じることができます。

ある流通企業様では、ストレス要因をメンタルヘルス面だけに限定せず、ES(従業員の満足度)という観点から捉え直し、ホスピタリティ向上に努めていらっしゃいます。
ストレスの要因(原因)は、従業員の方がどの分野で満足され、どの分野で不満足なのか…という視点に置き換えることができるからです。満足な点をさらに強化し、不満足な点を改善すれば、それだけ働きがいややりがいにつながり、ホスピタリティの質が向上することになります。

従業員の健康を経営的な視点からサポートします♪

6月末に最新のシステム環境にバージョンアップし、その時点でお譲りしたく考えております。

★☆★ 以下の方々におススメします ☆★☆
☆ストレスチェックを取り込みメンタルヘルス分野にさらなる販路を広げたい病院やクリニック(精神科・心療内科)
☆ストレスチェック義務化の対象企業(従業員50名以上)や学校(団体)
☆メンタルヘルス(EAP)分野を強化(深耕)したいコーチや講師(コンサルタント)、研修会社
☆メンタルヘルスのサービスの質を高めたい心理の専門家(臨床心理士・精神福祉士・カウンセラーなど)
☆関連領域を広げ、事業の安定、サービスの拡大を検討している社労士(事務所)
☆新規の事業分野として、メンタルヘルス関連に関心のある組織(個人) …など
新書が出版されました♪ 『メンタルヘルスに活かすTA実践ワーク』(金子書房)
『メンタルヘルスに活かすTA実践ワーク』が出版されました。

『汝自身を知れ』 古代ギリシャのデルフォイのアポロン神殿に刻まれていたといわれるこの言葉は、ソクラテスによって紹介された有名な言葉ですが、これほど私たちに重要で、そして壮大なテーマはおそらく他にはないのではないでしょうか。
私たちは、目や耳などの感覚器官が外に向いているために、どうしても意識が外に向きやすいといわれています。そのため、他人のことはよく見えるのに自分のことは実際のところよくわかっていないのが実情のようです。
ストレスやメンタルヘルスに関しても、外側(環境)に目が向きがちで、自分の内側に目を向けることを怠っていたり、軽視している傾向があるように思えます。実は、ストレスは外的環境からのものばかりではなく、私たち自身のこころの中に、ストレスを作り出すメカニズムがあります。
本書では、Transactional Analysis(交流分析)の各分析において、ストレスを自ら作り出していないだろうか…汝自身を知り、自己への“気づき”を深め、そして、自らを“築き”あげることで、セルフケア『自らの健康は自ら守る』を後押しします。
また、ストロークなどのワークでは、日頃から、メンタルヘルス不調者が出ないような『風通しの良い活性化した組織を創る』という予防のためのメンタルヘルス(一次予防)に重点を置き、ワークをご紹介しています。

メンタルヘルスに関して、即効薬や万能薬などあるはずもありませんが、本書を参考にしていただくことで、予防のためのメンタルヘルスや早期発見&早期治療を探るためのアイデアが豊かになれば嬉しく思います。

本書は、『職場に活かすTA(交流分析)実践ワーク』(金子書房)の第2弾として執筆させていただきました。併せてお読みいただけましたら幸いです。

ライフデザイン研究所
畔 柳 修

メンタルヘルスに活かすTAワーク

≪目次構成≫
まえがき
本書の活かし方
第1章 自我状態分析 −自分を知り、他者を知る−
第2章 ストローク −風通しの良い職場づくり−
第3章 人生の基本的態度 −健全な対人関係−
第4章 ラケット感情 −ニセの感情から本当の感情へ−
第5章 心理的ゲーム −ついついやってしまうイヤな関係−
第6章 時間の構造化 −充実した時間の創造−
第7章 ミニスクリプト(人生脚本) −ミニドラマの脚本を描き直す−
『ライフキャリア デザイン』セミナーが好評をいただいています♪
ここ数年、研修セミナーでは、「セカンドキャリア」をテーマとする関心が高かったように思います。
弊所では、セカンドキャリアという内容を、若干年齢を下げ、『ライフキャリアデザイン』と称して、ご提案させていただき、多くの企業様から、反響をいただいております。
わたし自身(畔柳修)50歳を直前に控え、参加者の方と同じ立場で、”もがき””あがく”姿勢を大切に取り組んでいます。

研修のねらい
不安定だったが夢と可能性にあふれていた若い時期は過ぎ、自分の将来が見えはじめます。うっかりすると、希望のない中高年になってしまいます。 
「もう若くはない。しかし、まだ若い」という二律背反の複雑な心境の中で自分を見つめ直し、再度、「自分探し」を始める時期にあたります。
これまでの仕事人生の総仕上げの時期に入るとともに、これからの仕事を含めた新しい時代のスタートの時期でもあります。
仕事と生活の両方を含むデザインを必要とすることから、「ライフキャリアデザイン」と表現します。
本研修では、キャリア発達課題における課題をしっかり自覚した上で、キャリアをデザインします。
『ライフキャリア デザイン』セミナー
新書のご案内 『キャリアデザイン研修 実践ワークブック〜若手・中堅社員の成長のために〜』
このたび金子書房様より、『キャリアデザイン研修 実践ワークブック〜若手・中堅社員の成長のために〜』を出版させていただくことになりました。
自身のキャリア開発に関心を持つビジネスマン、講師ファシリテーターや人事担当者などの方々へキャリア開発のメッセージ&ワーク集です。
≪目 次≫
第1章 キャリアを切り拓く重要性とキャリア論
第2章 キャリアデザイン研修に求められる受講姿勢・受講態度
第3章 やれること“SEEDS”の自己理解
第4章 やるべきこと“NEEDS”の自己理解
第5章 やりたいこと“WANTS”の自己理解
第6章 “WILL” 強い意志をもって未来を拓く

少しだけ手元にございます。些少ですが、送料と消費税をサービスさせていただきます。ご入り用でしたら、.織ぅ肇覘∈数A付先などを記載の上、info@e-eap.com まで、ご送信ください。(11月より発送させていただきます)

以下の書籍も手元にございます。よろしければ、併せてご一読ください。上記と同様、送料と消費税をサービスさせていただきます。
職場に活かすTA〔交流分析〕実践ワーク 〜人材育成、企業研修のための25のワーク〜(金子書房)
“言いたいことが言えない人”のための本 〜ビジネスではアサーティブに話そう!〜 (同文舘出版)
上司・リーダーのためのメンタルヘルス 〜うつにならない職場づくり〜 (同文舘出版)
こころの健康ワークブック 〜ストレスと上手につき合う認知行動心理学〜 (PHP研究所)
アサーティブ仕事術 〜気持ちが伝わる!意見が通る!〜(PHP研究所)
気分爽快!ストレス知らずハンドブック(PHP研究所)

 ライフデザイン研究所


MOBILE